使うのはたった一枚!

ローレル(月桂樹・ベイ)がたくさん新しい葉をつけました。

かつて、勝者の頭上を飾った『ローレルクラウン』

属名のLaurus は「褒め称える」種小名nobilisは「高貴」

一度根付いてしまえばなかなか枯れない生命力の強い樹として知られています。

生葉は随時とって使いますが、まとめて乾燥させる場合は、なるべく成長期に。

成長期の葉の方が油分を多く含んでいて、香りが格段にいいようです。

乾くにつれて葉のふちがカールするのが特徴です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、NARDもJAMHAも試験の結果待ち!

カモミールは吉報待ち!

 

ところで嗅覚を利用した効果的記憶法はあるのでしょうか?

ニオイは種類に関係なく記憶に連動する脳の部位を活性化します。

しかし、言語的なサインが脳の中のニオイを処理する部分を反応させるのに対して、

ニオイそのものは感情を処理する部分を強く反応させることがわかっています。

 

ニオイは概念的な記憶ではなく、知覚的な記憶を呼び起こす傾向にあります。

精油の香りの中で暗記に励んだとしても、

その香りで記憶を定着させ必要に応じて想起の手助けになるかどうかは現在のところ否定的。

 

ただし、勉強を続けていて能率が低下してきたとき、

好きな香りは学習能率を向上させることが可能です!

精神疲労の改善と覚醒効果も報告されています。