果実とは、新しい命、種子(seed)を収めた入れ物です。

“真果(true fruit)” と“偽果(false fruit)”に分類されます。

真果とは、めしべの子房が膨らんで果実となり、

受精した胚珠が種子(seed)を形成したものをいいます。

種子を保護するために子房壁が膨らみます。

 

植物学の世界では「果実とは、めしべの子房が肥大化したもの=成熟した子房」を言います。

代表的な真果には柑橘類、モモやカキ、ブドウなどがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンゴをみてみましょう。

シャキシャキとした多肉質の果肉のほとんどが子房以外の部分が肥大化して、

見かけ上果実になったものです。

リンゴの果実は「芯」の部分になります。花の基部の花床(花托)が果実を包み込んでいます。

私たちが食べている部分は花床(花托)が膨らんだ部分になります。

したがって偽果に分類されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローズヒップの果実もラグビーボールに似た形の花托の中に埋まっていて、

リンゴと良く似ています。偽果に分類されます。

植物が果実をつけるには、まず花がさかなければなりません。

そして、花は果実(fruit)へと変化します。

花は、子孫を残すために葉と茎が進化してできたものです。

 

私たちは、いろいろな形で果実を楽しみます。

生のまま、乾燥させて、調理して、お酒にして。。。

営養価が高いことは知られています。

圧搾されて、貴重な植物油が採取されます。医薬品の原料にもなります。

 

真果と偽果は、めしべの下の子房と花被(萼と花弁)との位置の関係で決まります。

詳しくはこちら→http://www.chamomile.co.jp/files/gika.pdf

 

進化というのは、何億年もの年月を経て、進んだり戻ったりするので、とても複雑です。

植物にとって移動する手段は種子以外にありません。

それゆえに、植物の最大の工夫の結晶である果実は、私たちを魅了します!