ハーブと暮らそう第3回

本日のメインテーマは

刻一刻と変化する環境(季節)を見越し、見据えて作る「未来に生きる空間(ガーデン)」を学びました。

3000mm×2500mmのガーデン設計

500mmごとにラインを引く。

初めて!!  楽しい!!

サルビアだけでも作れる!

入口はローズマリープラスSalvia microphylla

正面にはSalvia uliginosa、縁取りにワイルドストロベリーを置いてもかわいい

シェードガーデンにはSalvia guaranitica&leucantha

サルビアの特性を理解してバトンタッチ。

12月から3月はなにもないけど、土づくり。

球根を植えておいてもよい。

適材適所で生き生き

そして、過酷な環境で育つ、めずらしいスイスワインの香りを堪能

植物という生き方を思う。

イギリスの宝石と呼ばれる、シシングハースト キャッスル ガーデンの写真を見ながら

山形から参加の手土産のさくらんぼを食べながら

植物の生き方から、私たち人間の生き方まで考えた2時間でした。

次回は過酷な夏を乗り切る方法と対処性の高いハーブについてです。

徳田千夏先生、ありがとうございました。

 

 

 

———————————————————

アロマとハーブの専門店 chamomile (shool&shop&salon)

東京都世田谷区宮坂2-26-24 1F
小田急線 豪徳寺駅 徒歩2分 google MAP

TEL 03-5426-6428

email info@chamomile.co.jp

HP http://chamomile.co.jp/

facebook https://www.facebook.com/chamomile.workshop/

Online Shop http://chamomile.ocnk.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です