世代交代-永遠に続く命のサイクル

季節が動いています。

日が短くなって秋の気配も感じるようになりました。

この時期、春に咲く花の種まきを計画したくなります。

 

ユーカリは木質の蓋のあるつぼみをつけます。

そして、雄しべが束になってその蓋を押し上げて落とします。

花が咲きます。

花の後に実をつけます。

 

実が完熟すると、破裂し、中からとても小さい種子がたくさん出てきます。

自然に起こる「種まき」は、この種子が作られ破裂し、地上に落ちた時です!

 

種子を購入すると、蒔き時が表示してあります。

種ができる時期と蒔き時にタイムラグがあるのが不思議です。

野生植物はしたたかです。

「命のタイムカプセル」ともいえる種子には、
種を絶やさないような「生存戦略」がつまっています。

野菜のように一斉に発芽しないのです。

種子は発芽に適当な条件が整っても、休眠して発芽を止めるものがあります。

一斉に発芽しないことは、自然の環境が急変しても、
「どれかが生き残る」戦略となっているのです。

 

野菜のような栽培植物の種子は、私達が意図的に育種をくりかえして、
目的に合った性質を持つものだけを選別してきたものです。

容易に発芽、一斉に発芽、同じような生育速度、
一斉に開花し、結実する性質を持つように育種しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーカリのように小さな種子でも、すべてがプログラミングされているのです。

土の中で、発芽せずじっとしていて、
発芽のタイミングを狙っている種子が蓄えられている土壌を
“シードバンク”と呼ぶそうです。

静かな植物は、実はダイナミックで力強くて、論理的で、とても知的です!

 

 

———————————————————

アロマとハーブの専門店 chamomile (shool&shop&salon)

東京都世田谷区宮坂2-26-24 1F
小田急線 豪徳寺駅 徒歩2分 google MAP

TEL 03-5426-6428

email info@chamomile.co.jp

HP http://chamomile.co.jp/

facebook https://www.facebook.com/chamomile.workshop/

Online Shop http://chamomile.ocnk.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です