どんな時にも欠かせないのは“飲み物” ―ゆっくりする勇気を持つ―

台風19号の接近で、私が住んでいる地域も特別警報が発令され、
落ち着いて情報収集をすることと、適切な対応が要求されました。

突然やってきた災害に、緊張した時間が続きました。

多摩川の水位上昇で、初めての警報音に、何度も驚きました。

予見できないものに出会い、
日常生活が破壊されるかもしれない不安にもさらされました。

時間の価値は、つまり生命に限りなく等しいものでした。

 

少しの意識で、心を整える身近な方法があります。

古来から伝わる方法です。

お茶は,今でこそ嗜好品の代表的な飲み物となっていますが、
“お茶を一服”と言うように、かつては薬でした。

飲み物は人間にとって欠かせないものですが、
それ以上に不思議な魅力ももっています。

心の足しになる飲み物があります。

 

ヒトにはそれぞれのリズムがあります。

こんな時、自分の速度を保つのがむずかしく、
かといって、やたら早く走る必要はありません。

ベストな速度を見極めるには、
自分以外の動きなどを幅広く頭に入れておく余裕が必要です。

 

現在の日本には、実に様々な飲み物が存在します。

お茶には私達の健康を助ける多くの効能があることもわかってきました。

気持ちを左右する神経伝達物質にはドーパミン、ノルアドレナリン、
セロトニンが関わっていることは良く知られています。

 

ドーパミンは程よく出ると快感物質です。

ノルアドレナリンは不安な状態の時にでます。

セロトニンは脳内全体の司令塔の役割をしていて、
ドーパミンやノルアドレナリンの放出や暴走をコントロールしてくれています。

 

体内のセロトニンは、必須アミノ酸の一つであるトリプトファンから合成されます。

セロトニンを不足させないためには、良質のタンパク質を摂ることが大切です。

トリプトファンは、牛乳・ヨーグルト・チーズなど乳製品や大豆製品に含まれています。

 

少しの意識で脳がここちよくなる状態を作りたいですよね。

“ミルクティー”が効果的です。

ミルクに合うハーブといえば、カモミール、ルイボス、マテが代表でしょうか。

またトリプトファンがセロトニンになる際には、
ビタミンB6の助けを借りるので、タンパク質を摂る時に、
ショウガ等のビタミンB6を摂ると、更に効果的です。

“カモミールとジンジャーのミルクティー”

やわらかい飲物です!

 

植物の香りはなぜこんなに心を軽やかにしてくれるのでしょう!

ゆとりができたら、フレーバーもデザインしてみましょう!

さらに、スパイスもプラスしてみませんか!

複雑性がある方が楽しい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*ローレル、乾燥中。

ミルクティーに入れてもさわやかです!

 

 

———————————————————

アロマとハーブの専門店 chamomile (shool&shop&salon)

東京都世田谷区宮坂2-26-24 1F
小田急線 豪徳寺駅 徒歩2分 google MAP

TEL 03-5426-6428

email info@chamomile.co.jp

HP http://chamomile.co.jp/

facebook https://www.facebook.com/chamomile.workshop/

Online Shop http://chamomile.ocnk.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です