季節を分ける香り -時間は速度を落とさず進んでいる-

今や、ハロウィンが終わるとクリスマスで、
今年も終わりだと感じるようになってきました!

 

私達は、1年という概念を持っています。

地球の自転軸の23.4℃の傾きが日本に季節の変化をもたらします。

昼の長い夏と夜の長い冬ができ、季節の変化を生み出します。

昼と夜の変化が1日という概念を作りだしたように、
季節の変化があるから1年という概念が必要なのです。

 

明確に秋だと実感できるようになりました。

秋を実感できるようになるまでの間に、私達はいくつもの“前触れ”に出会っています。

それは “秋の訪れ”とも言われ、人々の関心を集めます。

私達は、あの華やかで甘い香りに気づくと、金木犀の花が咲いたことを知ります。

金色の小さい花が放つ香りの広がりに圧倒されます。

少し青臭くラクトン様(α、β-イオノン)の香りです。夏の終りを知ります。

 

実は、菊にもすがすがしい香りがあります。

身近にありすぎて菊の香りを意識しないかもしれません。

種類にもよりますが、フェノール様の薬っぽい香りがします。

小さい花の方が香るようです。

鼻を近づけてみてください。

 

季節ごとの植物の香りは、
その前触れの一要素として私達を楽しませながら変化に気付かせてくれています。

変化を受け入れるには、時として準備が必要です。

危険を避けるための最も確実な方法です。

 

変化に気づくためにはココロを用いるしかないのです。

季節の変化を受け入れることで、時間は速度を落とさず進んでいることを実感します。

 

ヒトは一生というサイクルの中で生きています。

“老いの訪れ”は静かに迫ってきます。

あらゆる方法で知らされます。

しかも、“老いの訪れ”のリストは限りなく上げられます!

変化を楽しむ余裕は持ちづらく、恐怖を覚えますが・・・・

必要な変化の始まりですね。受け入れましょう。

そして可能なら挑みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジンジャーリリー:フローラル・スパイシー。

甘くさわやかでエキゾチック

ずっと感じていたい香りです

 

 

———————————————————

アロマとハーブの専門店 chamomile (shool&shop&salon)

東京都世田谷区宮坂2-26-24 1F
小田急線 豪徳寺駅 徒歩2分 google MAP

TEL 03-5426-6428

email info@chamomile.co.jp

HP http://chamomile.co.jp/

facebook https://www.facebook.com/chamomile.workshop/

Online Shop http://chamomile.ocnk.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です