つい食べてしまう -過食傾向とアロマテラピー-

夜が長くなってきました。

就寝前の最もリラックスする時間は、炭水化物が欲しくなる時間にもなります。

突然の食欲に襲われた時は、数分間以上“香り”を吸入すると、
比較的良好に食欲が抑えられます。

ストレスに伴う過食傾向にも有効のようです。

ラベンダーの鎮静作用?

グレープフルーツの交感神経刺激作用?

 

私見ですが、好みの香りであれば、特に精油成分そのものに
“食欲に関する作用”を有するものがなくても、それなりに欲求は抑えられるようです。

嗅覚情報が向かう大脳辺縁系の「扁桃体」はすべての情報が集まる場所です。

「扁桃体」の情報は対応する器官に伝えられ身体的反応や感情を生み出します。

 

「食欲」の正体は「あらゆる生物が持つ非常に重要な脳の働き(本能行動)」です。

空腹感を生み出す神経細胞が集まった「摂食中枢」。

食べることが必要な状態になると、脳内のさまざまな場所に信号を送り、
食べる意欲をわかせ、食べ物を探させ、噛む、飲み込む、唾液を出す、消化・吸収する
といった食べることに関わる無意識の動きを促します。

 

どのように体内の栄養状態を把握しているのでしょうか?

血液中を流れていく栄養素が脳まで運ばれ、摂食中枢にある神経細胞が反応します。

グルコースが減ると摂食細胞の働きが活発になり、
さらに空腹状態が続くとため込んでいた中性脂肪を使用してエネルギーを作ります。

 

ストレスはどのように関係するのでしょうか?

ストレスを感じると副腎皮質から糖質コルチコイドが分泌されます。

そのためには、視床下部から副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンが分泌されます。

このホルモンが食欲をわかせるホルモンと減退させるホルモンの両方を作ります。

食欲について正反対の働きをする2種類の物質が作られます。

この物質の量の差が食欲をわかせるか、減退させるか決める可能性を持ちます。

 

知性的な判断をする前頭連合野も食欲に与える影響は大きいのです。

ヒトの精神的、知的活動をになう場所が、
“○○の××が食べたい”などと“食欲”を楽しみます。

また、まずくても健康によい、おいしいけれど太ってしまうから我慢、
など体の欲求に逆らって理性的に食べる行動をコントロールもできるのです。

 

脳の報酬系の存在も見逃せません。

おいしいと感じると、β‐エンドルフィンがでて、幸福感を感じ、ドーパミンの放出を促します。

食べ物をもっとほしくなるのはドーパミンの働きです。

 

“病みつき”になるのは、かむ回数が少ないと、
食べ物が口からすぐなくなるので報酬系が働きが活発になり、また食べてしまいます。

 

過食と拒食のバランスが、非常にむずかしい!

バランスは安定したものでも、確固としたものでもありません。

目にみえない動きが特徴で、常に流動的な状態です。

中心点に戻る必要がでてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黄色くなってから収穫したすだち
酸味が弱まり、フレーバーは残っています!

 

———————————————————

アロマとハーブの専門店 chamomile (shool&shop&salon)

東京都世田谷区宮坂2-26-24 1F
小田急線 豪徳寺駅 徒歩2分 google MAP

TEL 03-5426-6428

email info@chamomile.co.jp

HP http://chamomile.co.jp/

facebook https://www.facebook.com/chamomile.workshop/

Online Shop http://chamomile.ocnk.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です