“植物療法(アロマとハーブ)”で出会えた”幸せ”のいろいろ -選択はしない!すべてを生かす知恵-

昨年は一昨年より疾く過ぎ、今年は昨年よりもさらに疾かった!

そんな中、チックがでている小さな子、起立性調節障害の小学生、
仕事を続けることが困難で休職中の社会人、難病と向き合う人、
今、矛盾と混乱の中にいる人たちが
最も昔からあるヘルスケアの方法を探して来店されます。

苦しい時期での出会いです。

このような出会いが重なると、現代に生きる最大の課題は、
“感情の能力”を養い育てることだと気づかされます。

この限りなく大きな課題に取り組むのに、
アロマとハーブは、その道具になりえました。

真剣に、矛盾と混乱の中に入り込む方法として、良い道具となりました。

香りを一緒に確認することは、承認し続けることにつながります。

事態は変わらないけど、気分が変わり、「今」の中にいることができます。

感覚を共有することによる人が人に感じるやさしさが安心感につながります。

結果的に、アロマやハーブで、それぞれの症状の軽減に役立ったのか?

年齢や時間とともに症状が軽減するので、どこまでが何の効果なのか、
どこまでが、自然の経過なのか確かめることはとても難しいし、
確認の方法もありません。

突然、風向きが変わる時があるのです。

心がカラダを動かせれば楽なのですが、心とカラダのバランスがくずれると、
時が止まったように動くのが難しくなります。

この時間の中にいる人達を精神的に落ち着かせ、
そのことで不安になっているお母さんや家族を支えることに意味がある!

 

多くの人達が良い状態を取り戻しています。

アロマもハーブも“寄り添う手段”としては大変有効でした。

仕事が生きた幸せな瞬間です。

したたかに生きる“植物”を相手にしていると、人間を含めて、
すべてを同じ「生き物」という目線でとらえる習慣が身につきます。

特に“天然物”、動物も植物も鉱物も、
特に微生物まで考えられると視野が広がります。

これは、物事を考える上で、偏りを計る天秤のような役目をしてくれます。

アロマやハーブを学ぶことは、暗記することではなく、自分の中に辞書を作ることです。

 

悠々としていそげ!

きらきらしたものがたくさん待っているかもしれない!

アロマとハーブは、やはり身体と心にいい

濃く、熱く、信じることができる幸せ

 

年を重ねても、重ねても後悔している1年のしめくくりに!

2019年の最後に、私を調整してくれた精油「カタフレイ」

誰でも年をとる そして深くなる?のでしょうか?

2020年、今年よりはいい自分に!との思いを込め手のひらに一滴

最後に残る香りが気に入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*カタフレイCedrelopsis grevei:木部特有のウッディな香り。
痒みに良いということで挑戦、香りにも惹かれています。

 

*年末年始お休みのおしらせ
2019.12.30-2020.1.5までお休みいたします。
2020年1月6日(月)より通常通り営業いたします。
2020年、またお会いできるのを楽しみにしています。
良いお年をお迎えください。

 

———————————————————

アロマとハーブの専門店 chamomile (shool&shop&salon)

東京都世田谷区宮坂2-26-24 1F
小田急線 豪徳寺駅 徒歩2分 google MAP

TEL 03-5426-6428

email info@chamomile.co.jp

HP http://chamomile.co.jp/

facebook https://www.facebook.com/chamomile.workshop/

Online Shop http://chamomile.ocnk.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です